パートで看護師さんを

11月 11th, 2013

パートで看護師さんをやるメリットというのはやっぱりパートなので時間通りに帰ることが出来るということが一番ですよね。やっぱり主婦してたり、小さなお子さんがいたりすると残業で遅くなったというわけにいきませんからね。それに人間関係をある程度まで気にしなくてすむようになります。というのも万が一いやな人がいたとしても一定の時間までがまんすればいいって思えますし、残業なしというのも可能なので助かりますよね。それに一般的なスーパーマーケットなどのパートと比べても時給の相場が高いから月収もよく、給料にもそれなりに困らないというのも魅力ですよね。小さなお子さんがいる場合は託児所付きのクリニックを選ぶといいと思いますよ。保険に関してはもし社会保険に入りたければ決められた時間よりも多く働けばいいと思いますし、旦那さんの扶養になりたいのであれば時間内におさめればいいだけだと思います。でも、こういったところも含めて今は看護師さんのための求人情報サイトがたくさんあるので絶対利用した方がいいですよ!

ナース人材バンクのコンサルタント

12月 4th, 2013

ナースセンターは看護協会ですから病院側としては、手数料の発生しないナースセンターを選んで欲しいと思っている筈。人材バンクでもあなたとしたらどちらでも全然金銭を払うような事はありませんから関係ないんですが、人材バンクには専門のアドバイザーがあなたの希望に合わせて交渉してくれたり、下調べをしてくれたりと、公共的な所ではやってくれないサービスをサイト側では専門の転職プロが、かゆい所に手が届く位のサポートをしてくれたりします。病院側では、ナース人材バンク等の紹介を受けると、成功報酬が発生する訳なんですよね。看護師を確保できた訳ですから、仕事としては当たり前の報酬が人材バンクには発生するので病院側では雇った暁には支払い手数料が発生すると言う訳なんです。人材バンク等のサイトは何か働き出して条件が違ったりした時には、すぐさまその旨連絡することで、スタッフが動いてくれたりするようなので、働き手側としてみると、後々まで頼れると言う所で、民間の方をお薦めしたいですね。働く条件はきちっと守ってくれるのが、雇う側の使命なんですけどね。

看護師のパートは日勤常勤での経験には入らない?

11月 12th, 2013

パート年数がどんなに長くても、パートさんはパートさんなんですよね。仕事の責任についてはパートも常勤も無いけど、何かの時の責任の重さは常勤の看護師の方に掛ってきます。ですから例え5年から10年と経験していても、転職先の経験年数としては、年数が多くても常勤の年数が少ない常勤の看護師の方が採用される率の方が高いと言う事ですよね。パートさんでも一生懸命働いているのは重々解っていても、明日はきちっと来るかどうか解らない、言わば何かの時に責任を負わせる訳にはいかないのがパートさんの立場なんですよね。出来れば転職などの立場を高く評価してもらったりするのであれば、出来れば常勤になって経験を積んでと言う事になるでしようね。病院側でも事が起こった時に、パートに任せていたでは、通りませんからね。万が一という時の責任転換のようなものですけど、それを承知で休みも取りやすいパートとして入ってくる人の方が多いと言うのもうなずけると思いますよ。患者側としては、常勤看護師・パートの看護師の区別なく頼っているのも事実ですよね。

パートなら看護師でも休みに融通が効く?

11月 11th, 2013

パートで看護師の仕事をしているからって、普通の職種と違って人命を預かる仕事ですよね。そんな中で私はパートだからって区別して仕事はしていない筈、責任を持って仕事に従事している筈、だからこそ自分自身が風邪ひいたりしたら、患者さんに移しても行けないし、この際だから2.3日は休ませてもらおうっていう自分自身の体をいたわる意味での休暇は必要だと思います。看護師自信が健康でなければ患者さんを確りと診る事は出来ませんよね。私も働いていた時は、具合が悪くて休んでいる間中、他の人にそのしわ寄せがいくわけですから申し訳ないっていう気持ちがあって早く出てこなくてはって気持ちは休んで居ても仕事の事で一杯で、のんびりこの際だからって言う気になれなくて、ついつい無理をしてシマイガチ。でも家庭の主婦が、看護師の資格を持っているからパートでも家計費の手助けにもなっている訳だから、家族の協力も必要だと思いますね。「お前が勝手に行っているんだろう」的な事を世のご主人たちは言いますが、同じ働く身に差別を付けた言い方は辞めて欲しいですよね。

Hello world!

11月 6th, 2013

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !


口座開設の流れ